アンチエイジング、皮膚老化防止のために水をいっぱい摂りましょう

公開日: 

前回、皮膚の4つの老化原因を論じましたが、おおざっぱにまとめてしまうと

加齢や長年の紫外線によって水分を保持するためのコラーゲンが減少し、

結果、水分を保てず皮膚が乾燥するためしわしわに見えてしまうということでしたね。

ですからもうお気づきかもしれませんが、水をいっぱい摂ることが乾燥を潤し皮膚にとってアンチエイジングになるのですね。

当たり前といえば当たり前なのですが、現代の美容業界では水を飲むことよりも

効果的かどうかに疑問のある高価な化粧品を使うほうが良しとされている風潮すら見受けられます。

また健康に寄与する栄養素やドロドロ血液を改善する成分といったことはよくテレビを通して医者の口から語られていますが、

なぜか水の有用性や有効性というものが議論されることは少ないように思います。

しかしながら、よくよく考えればなぜ肌が乾燥をするのかといえば単に水を飲んでないからという

身も蓋もない原因だったりするわけですね。

元々人体の60%から70%は水分でできているうえに、水をたくさん飲む習慣をつけたら

血行が促進され、尿や汗のデトックス効果によってアトピー性皮膚炎や胃潰瘍が治ったとか

ニキビが消えツルツルお肌になったといった報告もある大変健康に良い一種の「万能薬」が実は水なのですね。

しかしながら、人間は歳を取るごとに喉の渇きに鈍感になるという研究に加えて、

現代では水の代わりに利尿作用のあるコーヒーやお茶、紅茶を水の代替物として摂取するため、

カフェインの利尿作用により摂取量の1.5倍程度排泄がなされてしまい、

200mlのコーヒーを飲んでも実は300mlの体内の水分を失ってしまうため、

1日に必要だと言われている2Lの水を摂取できず慢性的に水不足の症状が出ているとも言われています。

こうした事情もあって皆さんも知らず知らずのうちにミイラ状態で生活をしているのかもしれませんね。

また水の摂取方法では。水は30分に200ml程度しか体内に吸収することができないため、

1日2Lが目安だからといって一度に2Lの水を飲んでも腎臓に負担がかかるだけで効果がないので

こまめに水分を取ることが推奨されています。

私の経験では「3時のおやつ」のように「水を飲む時間」を決めて200mlづつ摂取をするというスタイルにすると

習慣化がしやすいように思いましたが、皆さんも自分の実践によって

オリジナルスタイルを確立することが良いように思います。

 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑